Claude Monet / 昼食 × ガメイ(前編)

スクリーンショット 2019-06-22 13.29.51.png

 

1871年の暮れ、Claude Monet (1840-1926)(以下、モネ)はパリ近郊のアルジャントゥイユに移り住んだ。セーヌ河のほとりの、人口1万人にも満たない小さな都市である。

前年、7つ歳下の女性 Camille Doncieux (1847-1879)(以下、カミーユ)と入籍したのも束の間、フランス帝国はプロイセンと戦争を始めた。実は入籍する以前に息子 Jean Monet(以下、ジャン)は既に生まれていた。

幸せの絶頂なのに…モネは自分の悪運を怨んだ。このままでは徴兵されてしまう。10年ほど前に兵役でアルジェリアに赴任したことがあるが、チフスを患って直ぐに帰還した。もう二度とそんな経験はしたくなかった。愛する女性と息子がいたら…尚更である。

隣には、木漏れ日の中で幸せそうにうたた寝しているカミーユとジャンがいる。

モネはロンドンに逃れる道を選んだ。それは正しい選択だった。戦火に巻き込まれた画友でもあり親友でもある Frédéric Bazille (1841-1870) の訃報を遠く離れた地で耳にして、改めてそう確信した。冬の寒さが心に響いた。

父親の死も重なった…

1871年5月、普仏戦争が終戦を迎えると、モネはパリに戻った。カミーユとジャンという唯一無二の「光」は得たものの、フランスを離れているうちに2つの大切なものを失った。もはや満身創痍だった。

パリを出よう。いや、そんな前向きなものではなかった。出るしかなかった。新たな一歩を踏み出すために。

そうしてモネは汽車に乗り込んだ…

couple on railroad

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 

今週は印象派を代表する画家モネの “Le Déjeuner / 昼食” である。モネがアルジャントゥイユに移住してまだ日も浅い、1873年、33歳の時に描いた作品である。

「印象派」と呼ばれる契機となった “Impression, Soleil Levant / 印象、日の出” が作製されたのが1872年。当該作品が出展された第1回印象派展が開催されたのが1874年。

哀しみに包まれながらパリを出て1年半が経ち、時の流れが少しずつモネの傷を癒した。いや、寧ろ、サロンに対して反旗を翻そうとする意識が、哀しみを打ち消したのかもしれない。

普仏戦争の終戦と1873年後半から始まる欧米大恐慌の狭間の一時的な景気回復期(復興景気)において、モネの若き才能を見出した画商 Paul Durand-Ruel (1831-1922) が同氏の絵画を買い占め、金銭的なゆとりが生じたことも、モネが再び自信を取り戻す一因となった。

Monet_-_Impression,_Sunrise.jpg
“Impression, Soleil Levant” (1872) マルモッタン・モネ美術館所蔵

 

 

まず、本作の舞台となった「アルジャントゥイユ」という街について触れておこう。

パリ中心部から北西12kmほどの位置に所在するセーヌ河畔の街。

19世紀半ばに鉄道が敷設されると、パリのサン=ラザール駅から20分程度で訪れることができたアルジャントゥイユは、流行に敏感なブルジョワジー達で溢れるようになった。ある者はセーヌ河にヨットを浮かべ、またある者はヒナゲシ畑で蝶と戯れた。

スクリーンショット 2019-06-30 14.48.05.png
アルジャントゥイユは赤矢印先のPontoise / ポントワーズとパリの中間ほどに位置しており、1847年には鉄道が通っていたと考えられる (Source: Wikipedia)

 

新たなモティーフを追うかの如く、画家もこの地を訪れた。モネと特に親交が深かった Édouard Manet (1832-1883) や Pierre-Auguste Renoir (1841-1919)(以下、ルノワール)は、モネの住まいを訪れては一緒に戸外活動に励んだ。Alfred Sisley (1839-1899) や Gustave Caillebotte (1848-1894) といった印象派の画家たちも、アルジャントゥイユもしくはその近郊に住んでいた。

下掲は、モネ(左列)とルノワール(右列)のアルジャントゥイユにおける風景画だが、特に下段の2つは意図的に同じ構図で制作されていることが分かる。セーヌ河に架かる鉄道橋とそこを走る汽車を、まるでイーゼルを隣に並べて描いたかの如く、角度と言い、ぴったり一致する。

スクリーンショット 2019-06-29 18.28.36.png
(左上)Claude Monet “Régates à Argenteuil” (c. 1872) オルセー美術館所蔵、(右上)Pierre-Auguste Renoir “La Seine à Argenteuil” (1874) ポートランド美術館所蔵、(左下)Claude Monet “Le pont de Chemin der fer à Argenteuil” (1873) 個人蔵、(右下)Pierre-Auguste Renoir “Pont du Chemin de fer à  Argenteuil” (1873) 上原美術館所蔵

 

さて後編では、本作の中身、そして肝心のワインについて触れていこうと思う。

 

《後編に続く》

 

Claude Monet “Le Déjeuner : Panneau Décoratif” (1873) オルセー美術館所蔵

Written by Fumi “Frank” Kimura

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。